2014年01月18日

海外に住むということ

日曜日に店が休みだったり、普通のスーパーには鮮魚が置いてなかったり、、、あとは何だろ?
もっといろいろ不便なことがあった気がするけれど、慣れてしまってすぐには思いつきません。

犬と毎日ハッピーハッピー。
犬6.jpg

なーんて暮らしているから、ドイツ生活はそれほど辛くありませんでした。
犬5.jpg


昨日、母からの電話で、伯父が危篤だと知らされました。


「大阪のおっちゃん」です。大阪生活が長かったので、富山に戻ってからもずっと大阪弁。
犬2.jpg


おっちゃんは一度、甲子園に野球を見に連れて行ってくれました。

阪神vs中日。

落合がまだ現役の頃で、阪神が万年最下位だった頃です。見に行った試合も阪神が負けたんじゃなかったかな。


父は6人兄弟、母は5人姉妹で、私にはおじさん、おばさんがたくさんいます。
犬3.jpg

私が帰れば、皆よってたかって、食事に連れていってくれたり、山ほどお土産をくれたり、お小遣いをくれたり。30過ぎの私を甘やかすんですよ。。。

皆、「がんばられや」って言ってくれます。
犬.jpg


月末に英検があるせいで、今月は仕事が忙しく無理を言って休ませてもらっても4日が限度。4日で日本とドイツを行き来するとなると、チケット代は30万超。。。
犬7.jpg

オランダ人と結婚して、ドイツに来て、犬を飼ってしまってなかなか帰省もせず、好き勝手やって、お世話になった叔父や叔母の葬式にも出られないって、「人としてどうなのよ」と昨日は風呂場で泣いてしまいました。
犬8.jpg

私、不義理だ。

海外に住むっていうことはこういうことなんだって身にしみました。
タロー.jpg

おっちゃんごめん。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

ニックネーム miyuki at 19:24| Comment(30) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
miyukiさん、はじめまして。miyukiさんがブログを始められた頃から読み逃げさせていただいてます。ほとんど毎日おじゃまして、アスカちゃんと、セナちゃんの毎日を楽しまさせていただいてます。今回のこと、miyukiさんの気持ちは伯父様にちゃんと伝わっていると思います。何の慰めにもならないですが、私はそう思いますよ。
Posted by ラスティまま at 2014年01月18日 20:23
きっとmiyukiさんの気持ちは、おっちゃんに届いてるはずです。
大きな大きな、元気玉をドイツから送ってあげましょう。
私も富山に向かって送りますから。
また、休みがたくさん取れた時に、みんなに元気な姿を見せてあげれば良いのです。
日本に住んでいても、なかなかそれが出来ない人もいるのですから、miyukiさんのそういう優しい気持ちがあれば、大丈夫だと思いますよ。
って、励まそうと思ったら、偉そうなことを言ってしまいました。
ごめんなさい。
Posted by らんママ at 2014年01月18日 21:13
こんにちは♪

そうですね・・・
遠いと感じるとほんとに遠く感じます。
でも、大事なことは自分の心が知っているから!!
miyukiさんのその心を知っているから、
みんなそうやって集まっていろいろしてくださるんですね。
素敵だと思いますよ。
私も同じ日本にいても、遠いなと感じることよくあります・・・

素敵な伯父様ですね^^
私もそんな人になりたいな♪
「おっちゃん!miyukiちゃんが応援しとるで!!」
Posted by shiba_yama at 2014年01月18日 21:15
交通が発達して、ネットが発達して世界が狭くなったと言われていても、やっぱり遠いですよね。
簡単に行き来出来ないことも皆分かってくれてるから、帰ると大歓迎されるし、miyukiさんのお人柄を皆が知ってくれてるからもてなして下さるんでしょうね。
自分だけなら苦労しても良いけど、やっぱり、人には迷惑をかけられないって気持ちは分かってもらえると思いますよ。
miyukiさんの心の中で、葛藤があるのも理解できますが、自分が出来る精一杯をすれば、良いと思いますよ。
今を全力で片付けて、そして時間を作って帰国しても、miyukiさんがそれを気にしていること、皆さんは分かってくれると思います。
Posted by yushipapa at 2014年01月18日 22:16
不義理なんかじゃありませんよ。
伯父さんは、どこにいてもmiyukiさんが自分で決めて幸せに暮らしていることが一番嬉しいはずです。
会いたい時に会えない距離にいることは辛いですよね。
でも、お別れに行けなくても、miyukiさんが伯父さんとの楽しかった思い出を思い出したり、伯父さんってあんな人だったこんな人だった、伯父さんありがとうと心で思うことで、十分なのです。
miyukiさんより長く生きている私はそう思います。
Posted by しば吉ママ at 2014年01月18日 22:19
どうお言葉をおかけすれば良いのか分かりません。あなたの伯父さんのように心ある親戚など私には一人もいませんから。ただあなたが傷ついておられるのは伝わるので、どうにか癒えれば良いなと願っております。
Posted by Mirror Miroir at 2014年01月18日 23:39
 遠くに居て会うことはかなわないけど、思いは届くはず。大きな声でエールをおくりましょう。セナがつられて遠吠えするくらいにね!
 「がんばられや」私も富山の友人に良くいわれます。「がんばられや!」
Posted by コロスケ at 2014年01月18日 23:43
miyukiさんのお辛い気持、よ〜くわかります。日本にいたって、離れて暮らしていれば、死に目に会えないこともよくあるのですから、遠いドイツからお見舞いに駈けつけられないのは仕方のないこと。離れていても心は伝わると思います。時間ができて日本に帰れたとき心を尽せば、伯父さんにもわかってもらえると思います。
Posted by at 2014年01月19日 02:01
お辛いですね…。
私も、たった一年の滞在中、そろそろ帰国の荷造り…の残り1ヶ月の頃、実母がかなり危ない状況になりました。
明け方の電話を受けてから、泣きながらとりあえず身の回りの荷物をまとめ、チケットを購入してもそこは思い切りクリスマスシーズン。
即日に帰れる訳もなく、翌日便でようやく帰国。

ぱぱは日本からの来客と仕事でクリスマスまで帰れなかったし、一人で乗った機内でも泣きっぱなし。
ひたすら持ち直してくれる事を祈り続けた時間でした。
幸いその時は願いが届いて大晦日にはもう一度ドイツへ戻って引っ越しやお世話になった方への挨拶もできましたが、日本海でも津軽海峡でも移動手段が飛ぶしかないと言うのは本当にしんどいですね。

でもね、母が生前、入院中で祖母の最後にも葬儀にも参列できなかった私に「その人を思いう心があれば、どこにいたって思いは通じるんだから」って言ってました。
miyukiさんの伯父様を思う気持ち、きっと日本まで届いていると思います。
Posted by あずき at 2014年01月19日 04:43
Posted by はな at 2014年01月19日 05:24
はじめまして 私の娘も海外に 居ります。お互いに何かあっても直ぐにはどうにもならない距離に 心配の連続です。どうぞ元気になってくださいね。皆心配しています。貴方の毎日がみんなの幸せです。祈っています。
Posted by at 2014年01月19日 05:33
大丈夫ですよ。みゆきさんがドイツで幸せに暮らしているのが解っているから、それで良いんだと思います。
今回快復されたら電話をするとか、万が一天に召されたら、いつか帰国できる時に手をあわせればそれで大丈夫だと思います。お寺のご住職が、「人を思う心は離れていても伝わるので、心の中で語りかけてみてください」
とおっしゃっていました。また、故人になられた方には、御線香の煙と、ご冥福の気持ちが一番の供養だとも言っていたので、気持ちがあれば大丈夫なのだと思います。私なんて38才にもなるのに不義理ばかりなり(-_-;)
Posted by たけちな at 2014年01月19日 09:14
皆さんも言われてますが、不義理なんて事はないと思います。伯父さんも「そんなん気にしなや〜。」ってわかってくれてるのではないでしょうか。
私は看護師なので色んな方の最期も見ました。耳は反応がなくとも最後まで聴こえています。
もし、可能ならお電話で伯父さまに声をかけてみてはいかがでしょうか。

近くにいなくても、伝わる想いはあります。
距離は遠いけど、こんなに伯父さんの事を思っているmiyukiさんの気持ちは空を超えて届いてますよ。
Posted by スズカ母 at 2014年01月19日 10:18
どうにもならないことってあると思います。
決して不義理なんてことありません。
miyuki さんの気持ちは海や空を越えておじ様の元に届くのではないでしょうか?
私も国内とはいえ、飛行機でないと親や親戚と会うことはできない距離に住んでいます。
もちろん海外とはくらべものにはなりませんけど。
子供たちが健康でごく普通に暮らせていれば、それで十分だと常々言っています。
その言葉を信じるしかないのですが、いつかくる日のことを思うとmiyuki さんの今の気持ちのほんの少しわかるような気がします。

何年後かはわかりませんが、今生きている人は必ずお迎えがきてみんな同じところに旅立ちます。
再会の時に「あの時はごめんなさい」と言いませんか?
Posted by うー子 at 2014年01月19日 16:34
ラスティままさんへ

はじめまして!ブログ始めてからもうすぐ1年です。長く読んで下さって、本当にありがとうございます。

あんなにいろいろ世話をしてくれたのに、最後の別れに出られないのが辛くって、湿っぽい記事を書いてしまいました。。。

気持ち、伝わっているといいなぁと思います。葬式にもでんと!と怒って枕元に立つんでもいい。もう一回元気なおっちゃんに会いたいな。

元気のでる初コメ、ありがとうございました!!これからもアスカ、セナの成長を見守って下さいね。
Posted by miyuki at 2014年01月20日 01:51
らんママさんへ

偉そうなことだなんて、いえいえ。落ちている時に頂くあったかいコメント、本当に嬉しいです。

元気玉おくりました。らんママさんも送って下さってありがとうございます。お陰で、おっちゃんはまだこっちの世界にとどまってくれています。2月の半ばまで頑張ってくれたら、1週間休みをとって会いにいけるんですが。
がんばれーおっちゃん。
Posted by miyuki at 2014年01月20日 01:57
shiba_yamaさんへ

コメントありがとう!
yamato君とsiba_yamaさんのことはいつも近くに感じてます。ブログを毎日チェックしているからかな?

おっちゃんは3度目の脳梗塞のあとから意識がずっと混濁したままで、眠ったままです。もう少し頑張って欲しいと思う一方で、引き止めるほうがしんどいのかなとも。。。2月まで頑張ってくれたら、って思うのは私の自己満足なのかな。。。
Posted by miyuki at 2014年01月20日 02:05
yushipapaさんへ

優しいコメントありがとうございます。

葬式に出られなくって、おっちゃんが怒って枕元に立ってくれるんでもいいやって思ってます。家族の幽霊は全然怖くない(はず)。そんな姿でもいいから、もう一回元気なおっちゃんに会いたいです。

もう1年近く、意識がなかったので、覚悟はしていて、前回帰った時に毎日お見舞いに行ったんです。覚悟はしていてもやっぱり寂しい。。。
Posted by miyuki at 2014年01月20日 07:01
しば吉ママさんへ

会いたい時に会えない距離にいるのは、辛いって実感しました。ネットで顔を見つつ話したり、メールを交換したり、でもやっぱり面と向かって話すのが一番ですよね。

おっちゃん、甲子園に連れていってくれた明くる日は太陽の塔を見に連れて行ってくれて。小学生だった私には「太陽の塔」が不気味で怖っかたのを思い出しました。

あったかいコメントありがとうございます!元気でました!
Posted by miyuki at 2014年01月20日 07:19
Mirror Miroir さんへ

もう大丈夫です。

何かあった時にすぐに帰れないって身にしみてわかって、わかっていなかった自分を情けなく思いました。

私、地元が大好きなので、将来(20年後)は富山に帰ろうと思っています。ドイツでは死ねない。
Posted by miyuki at 2014年01月20日 07:41
コロスケさんへ

コロスケさん、「がんばられや」の声援、ありがとうございます。
セナのあふれる元気をおっちゃんに送りなさいと、家族で元気玉を日本の方向に送っておきました。届くといいなぁ。

気持ちで負けないよう私もがんばります。
Posted by miyuki at 2014年01月20日 07:46
藍さんへ

死に目に会えない、葬式にも出られないって辛いですねぇ。これから何度もこんな思いをするのかと思うと、落ち込んでしまって、久しぶりに泣いてしまいました。

もう大丈夫です。なるだけ帰れる時は帰って、親、親戚に孝行しようと誓いました。
今年は母が60歳になるので、アドも連れて、帰国します。アスカとセナには不自由な思いをさせてしまうけれど、日本の家族もやっぱり大事だと心にしみました。
Posted by miyuki at 2014年01月20日 07:53
あずきさんへ

あずきさんは緊急帰国の経験がおありだったんですねぇ。日本から更に北海道まで、辛いですよねぇ。せめて日本にいたらと、何度も思いました。

おじやおばへの思い、伝わるといいなぁ。田舎で農家だからか、親戚の絆が深いんです。外国で好き勝手やっている姪を許してね、おっちゃん。
Posted by miyuki at 2014年01月20日 08:03
はなさんへ

きっと何か書いて下さったんですよね。ありがとうございます。もう大丈夫です。明日からはしょうもない日々のネタを書きます!
Posted by miyuki at 2014年01月20日 08:04
?さんへ

親のことを思うと本当に申し訳ないです。大学まで出してもらったのに、何にも親孝行できていません。孫の顔も見せてあげられなくって。。。

今年は夏に一時帰国する予定だったので、今まで以上に親孝行、親戚孝行に励もうと心に誓いました。

元気だしていきます。
Posted by miyuki at 2014年01月20日 08:09
たけちなさんへ

あったかいコメントありがとうございます。

伯父は何度も脳梗塞をやってしまって、もう意識が戻る事はないです。そんな伯父を毎日見舞うおばのことも心配で。。。おばは「愛しとるもん」ってでっかい声で言うんですよ。すごいです。。。

おっちゃんが元気な時に温泉にでも連れていってあげればよかった。。。後悔ばっかりです。
Posted by miyuki at 2014年01月20日 08:25
スズカ母さんへ

最後まで耳は聞こえているんですね。覚えておきます。

おっちゃん、脳梗塞を何度もしてしまって、もうずっと意識がなかったんです。胃ろうの手術もして、ご飯好きだったのにもう何も食べられません。気管も切開してしまったので、声も出ません。

おっちゃんの大阪弁、もっかい聞きたかった。こてこての大阪弁しゃべるんです。富山出身だけれど、営業職だったので、大阪弁じゃないと仕事にならなかったみたいで。

大好きなおっちゃんへ私の気持ち届くといいなぁ。
Posted by miyuki at 2014年01月20日 08:29
うー子さんへ

またいつか再会できると思ったら、辛くないですね。タローにも会いたいなぁ。おばあちゃんにも。

今まで海外生活を苦に思ったことはあまりなかったんですが、今回はこたえました。アドに言ってもどうしようもないし、どうせわかってくれなくて、そのことに腹がたって喧嘩になるかも、と思いアドには言っていません。

その分、皆様の温かいコメントで元気がでました。
うー子さん、ありがとう。
Posted by miyuki at 2014年01月20日 08:34
先ほどもコメントしましたが、両親は上海にいます。自分は親が厳しくて、母が若くして(今は45歳です)更年期になり、色々と当たってきたりとか人と比べられてあんたなんかだめだ、と言われて、とうとう堪忍袋が切れて、「あんたなんかに学費出してもらう義理なんてない!」と言って上海を飛び出して、縁のない関東(本人は関西出身)に来ました。上海の、いわゆる名門大の法学部に通っていたので、辞めるとかバカだ!と回りに反対されましたね。バカでしたけど。
正直親なんか嫌いです。なので、両親の親戚や祖父母とも連絡をあえて取ってません。でもだれか死んだら悔やむんだろうな、て思うんですよね。関係ない話ですが、自分が親不孝だった分少しでも罪滅ぼしを、と思って嫌いな母を死亡保険金の受取人にしました。
親が死んだら、両親の祖父母や親戚が死んだら、となにかを考えさせてくれる記事でした。
Posted by はやし at 2014年01月26日 02:46
はやしさんへ

富山にいた頃は、田舎暮らしで満足している両親のことが尊敬できませんでした。
大学進学を機に東京に出て、二度と戻るもんかと思っていました。

親のことを大事にしたいって思い始めたのは、2、3年くらい前からです。久しぶりにあった親の髪にめっきり白髪が増えていて、ショックで、わだかまりとかがもういいやっていう気持ちになりました。
生んで育ててくれたっていう恩はおっきいです。

関東でひとり、寂しくなったら、しょーもないブログですが、読んで下さい。コメント欄で会話でもしましょ。
ドーベルマン探しておきます!
Posted by miyuki at 2014年01月27日 06:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字